#NEWS

Home > MEDIA > プレスリリース > クラフトビールとシードルのハーモニー。複雑なテーストの祝い酒を開発

#NEWS

2021.10.02 土

クラフトビールとシードルのハーモニー。複雑なテーストの祝い酒を開発


ビールでもない、シードルでもない、アルコール飲料に新しいカテゴリーを提案

福山地ビール醸造所クラフトハート・ブルワリー(運営会社 株式会社ハートピア 本部:広島県福山市曙町1-16-16)は、6年間運営してきたクラフトビール醸造のノウハウを活かし、 2021年10月20日より、新開発のホップドシードルを発売開始いたします。

モルトのコク、ホップの華やかでフルーティな香りと苦味、そして高野産りんごジュース由来のりんごの華やかな香りと味わいのシードル。これらが複雑にバランスされ、まるで古くからお祝いの酒としてヨーロッパで愛されてきたシャンパーニュを彷彿させます。

祝い酒として、お祝いの場を盛り上げる小道具として一役買えるように開発しました。

庄原市高野町のリンゴ生産者の農事組合法人高野りんご加工組合と、同じく庄原市高野町のホップ生産者のコニシ工業とコラボレーションして6次産業を起し、広島県内を中心に販路拡大を目指してまいります。お忙しい中とは存じますが、万障繰り合わせの上、ご取材いただけましたら幸いです。

<今回のポイント>

❶高野産りんごジュースベースのシードルを原料の半分使用。庄原市産りんごのフルーティで華やかな香りが楽しめる

❷庄原市産カイコガネホップをディップホップで使用

❸力強い味わいは肉ステーキなどメインディッシュとペアリングする