#ENJOY

Home > MEDIA > ENJOY > ケーキと合わせるビールがある!?クラフトビールと料理のマリアージュ

#ENJOY

2018.08.30 木

ケーキと合わせるビールがある!?クラフトビールと料理のマリアージュ


日本で一般的に飲まれている有名メーカーのビールはそのほとんどがピルスナーという種類に分類されます。

普段から大手のビールを飲まれている方だと料理とのマリアージュを気にされて飲まれている方は少ないかと思われます。

その理由は喉越し重視の比較的軽いビールが多いからかと思われます。どんな料理にも合うので万能選手と言えるのかもしれません。

その点クラフトビールの場合だとビール自体の個性が際立ち、この料理には合う合わないなど感じることがあるかと思われます。

例えば一般的に肉料理に合うオススメのビールの種類はIPAやヴァイツェンなどと言われています。

しかしこれも人によってはハイアルコールタイプのボックがいいと言われる方もいて様々な意見があり正解はないのだと思います。

 

極端な例で言うと私なんかは甘いケーキにIPAを合わせるのも好きです。

食事の時はもちろん、食後のデザートの時もビールがお供なのでこの組み合わせに気付きました。

クリームにビールというのは一見合わないように思うのですが、これが実は合うんです。

甘くてまったりしたクリームと苦いビールが合わさることで新たなマリアージュが生まれるのです。

極端すぎるかもしれませんが、人の好みは本当に千差万別です。

一般的にこのクラフトビールにはこの料理が合うなど言われている基本形も大事ですが、自分の感性に従って新しい組み合わせを発見してみることもクラフトビールを大いに楽しむ方法の一つではないでしょうか。

その新しい組み合わせを発見したら他の方にも是非オススメしてみて下さい。

様々な意見が出ると思いますが、それもまた一つの楽しみ方だと思います。

お気に入りのクラフトビールに合う料理を見つけて、自分だけのマリアージュを楽しんでみてはいかがでしょうか。