#BEER

Home > MEDIA > BEER > クラフトビールは不味い?ダイニングスタッフ 田上(たがみ)の意見。

#BEER

2018.07.12 木

クラフトビールは不味い?ダイニングスタッフ 田上(たがみ)の意見。


クラフトビールを初めて飲まれた方がよく言われるのが、「クラフトビールは不味い」との声をよく聞きます。

実は私も初めてクラフトビールを飲んだ時にそう感じた一人でした。

初めて訪れたビールバーで飲んだクラフトビールは納豆の味がしました。

店主に「納豆っぽい味ですね」と伝えると、「それはIPAと言われる種類のビールでホップがたくさん入っているからです」と説明を受けました。

他のお客さんも何人か納豆っぽいと感じる方とそうでない方がおられました。

味の感じ方、表現の仕方はそれぞれですが、やはり最初は味の違和感を覚える方が多いように思われます。

 

しかし飲むにつれ、その味の虜になっていくのです。

生まれて初めてビールを飲んだ時に感じた、あの苦くて不味い大人の飲み物が段々と美味しく感じられるようになってきたあの頃を呼び起こしてくれた気がします。

クラフトビールをまだ飲んだ事がない方も、自分の口には合わないと感じた方もビールの新たな面を知ることが出来たら、ビールの美味しさは喉越しやスッキリ感だけではないことが段々と分かってくると思います。

そんなクラフトビールの世界をちょっと覗いてみたい、という方は、是非試してみて下さい。まずは飲んでみるのが一番です。以前と比べて「クラフトビールが飲めるレストラン」はかなり増えました。たまには違ったビールで乾杯、というのも楽しいと思います。

 

「クラフトハートダイニング」では、そんなクラフトビールの世界を楽しんでもらう為にビールや料理を揃えています。

とりあえずの一杯だけではなく、ビールを味わって飲むという楽しみを知って頂けたらと思います。

私自身もクラフトビールの美味しさを知って、色々なお酒を飲む機会や知り合いも増えていきました。

自分の視野や世界を広げるために、クラフトビールは大いに貢献出来るのではないでしょうか。